エリアリンクの評判について

ビジネスの形態について、今日本は過渡期だと言われています。さまざまな常識が覆っている今だからこそのビジネスチャンスを生かしていく企業が今後の日本を支えていくと言われているのです。特に不動産は景気の上下に負けないほどのキャッシュフローを持つことが求められています。そのような企業にはどんなところがあるのでしょうか。

■ハローストレージについて
現在の人手不足は特に物流業が深刻だと言われています。引っ越し業界にもその影響は響いており、今では自分で引っ越しをするという人も増加傾向にあるのです。しかし、そうした場合困るのが、一時的な荷物の保管場所です。プロが引っ越しを行うわけではないので、一度に運び込めなかったり、思ったよりも収納が少なかったりして荷物が溢れてしまうということも多々あります。そのため、ストレージの需要が増えているのです。

エリアリンク株式会社が提供しているハローストレージはスピード契約が魅力のサービスです。こちらは当日申し込み、当日利用が可能となっているため、すぐにストレージサービスを利用したいというユーザーに向いています。また、ウェブを使った申し込みならばいつでも申し込みが出来るため、忙しい人でも安心です。このようなサービスを行なっているため非常に評判が高いです。

■底地ビジネスについて
借地権や底地はビジネスに向かないとされています。何故なら、借地権や底地というのは多くの関係者や法律が複雑に絡み合っているため、専門的な知識はもちろんのこと、その人と人との関係性にも踏み込まなければいけないからです。たとえ、そこに莫大な利益が埋まっていたとしても、交渉を間違えてしまえば水の泡になってしまいますし、それ以外の莫大な負債を抱えるリスクもあるのです。

しかし、エリアリンク株式会社ではこのような借地権や底地をビジネスとして活用しているため非常に評判が高いのです。エリアリンクが行なっている底地ビジネスである「ハロー借地権・底地」は、まず底地を地主から購入し、借地権者から賃料を受け取ります。この間に信頼関係を結び、最終的に底地を借地権者に買い取ってもらうというシステムになっているのです。これはストレージ事業で培ったノウハウがあるエリアリンクだからこそ出来るサービスだと言われています。

■人の不便を解消する企業
エリアリンクは「ハローストレージ」というストレージ事業を展開しています。その特徴としてスピーディーな契約が挙げられるのです。引っ越しの最中に荷物が溢れてしまったときなど、緊急の状況においても当日契約当日使用か可能なハローストレージは多くの人に重宝されています。人手不足の引っ越し業界と共に注目されているのです。

また、底地ビジネスに関してもエリアリンクは評判を高めているのです。「ハロー借地権・底地」では、問題が複雑になりがちな権利関係を鋭く読み解き、関係者がそれぞれにメリットがある状態へと導くことが出来るのです。このようなことが出来るのもエリアリンクが力を持っているからだと言われており、地主、借地権者、そしてエリアリンクがそれぞれに気持ちよく契約をすることが出来ると言われています。